【ホルミシス】

ギリシャ語の「刺激する」を語源とする「ホルミシス」(hormesis)と、米国のミズーリ大学教授ラッキー博士が提唱した理論によって誕生した“ホルミシスルーム”です。当ルームは、四方に張り詰めたテラコッタ 『DOLL-STONE』から自然放射線ラドンが発生しますので、ラジウム温泉以上の『ホルミシス効果』を高めます

【ホルミシス効果とは?】

ラジウムが気化して、発生するラドンガスが細胞を活性化し、自然治癒力を高めます。

これを『ホルミシス効果』といいます。

主に、1. 細胞の活性化 2. 自然治癒力の促進 3. 新陳代謝の促進ホルミシスルーム東桜は、有名なラジウム温泉(放射能泉)鳥取県三朝温泉と同鉱脈床で採取された岡山県人形峠原産の、天然ウランを含む土砂を原料として、製造したドール・ストーン

(テタコッタ:イタリア語の素焼き)約2畳のルームに210枚配置しており、『ホルミシス効果』を体験することができます。